聞こえない観客




作るものとしては、必死に作品を見て感じてくれるその姿勢だけで救われるのだ。

home


(C)98