罪喰いと呼ばれ忌み嫌われる職業があった。

彼らは罪という炎を喰らうモノたちであり、異端者である。


01 02


※夏は墨汁が乾かないので更新しません

アンデ・カレンベルク
罪食いの職業に就く青年。元は貴族であった。左目は赤い色をしており、右目は青。
レブル(苗字不明)
アンデの助手


▽TOPへ戻る






(C)98