破滅


破滅はすぐ目の前にあるのだろう

(C)98