永遠を食みながら 人魚の肉を食べた男は さまよう
さながら 煉獄のように 

【煉獄忌憚】人魚の肉を食べた男と周りの人の群像劇
※煉獄忌憚は章ごとに分かれてます。行き当たりばったりで始めたためおぼつかないところもあります。ご了承くださいませ

作品紹介 | 人物
用語集・設定 | 番外編


◆煉獄忌憚 人魚呪縛章

(補足説明)

第一話 寒椿 寒椿の中で死んだ煉獄の友の話
煉獄は昔話を始める。友人が、鬼となってしまった話を。
第二話 婆傾城 昔話をしよう―煉獄の愛した人の末路の話を
煉獄が愛した人は人魚の呪いにより…
第三話 仇桜 儚き夢を見ながらも、永遠にさらわれた少年の話
桜真に忍び寄る影。悪夢と煉獄の始まり。
第四話 朝には紅顔ありて 人魚の肉で動く絡繰人形の思慕
人魚の肉で動くからくり人形が最後に望むこと
第四話 不夜城[前編] 人魚の呪いが煉獄を蝕み、煉獄の精神は崩壊していく。
第四話 不夜城[後編] 呪いは終わらずに、永遠に煉獄を蝕む
それぞれの人々の思いが交差する
第五話 騰物鬼 大事な恋人との晴れの日に鬼が来る
その鬼は、花嫁を何度もさらいに来る
第六話 皆来町 孤独を嫌うをとめ、狂奔する
孤独を嫌う真島蓮華は、とある怨霊と出会う
第七話 生鳴喰 生きるために喰べるのは
桜真の耐え切れない、食欲とそれを知った煉獄は…
第八話 少女鉢 美しい少女を手中に それは永遠の夢
少女を鉢に閉じ込めたものが売られていると聞いたアカゲは蘭丸と調査に乗りだす
第九話 黒点絵師 或者はそれを或者はそれを
真島精吾は病に倒れ、あと幾ばくかしか絵をかけなくなった。そこへ現れたのは…

煉獄忌憚 人魚呪縛章 2013.11.03 了

◆煉獄忌憚 懐古あやし章

第一話 犬城主 将軍様の犬である
暴れまわる犬の妖怪退治を依頼された煉獄は…
第二話 花海 花の海で餓死する
愛した人を忘れることは罪でしょうか
第三話 拾参贄 示すもの
逆らえぬもの、そして語れぬもの
第四話 生魍魎 魍魎の生誕
とある男の憑物を治すために、煉獄はその家を訪れるが…
第五話 樹木鬼 山茶花の愛情
山茶花がとある里を伸びに伸びて侵食しているという。
第六話 雄鶏公 屠殺されるもの
とある女性に夫の病を治して欲しいと頼まれるが…
第七話 反魂姫 黄泉還る
第八話 狂鬼桜 今 行きます
         

2014.06.07  煉獄忌憚 完結

外伝


◆金魚屋蘭丸
煉獄忌憚の最初の漫画。行き当たりばったりで始めたもの

◆ 暗き古城の件(くだん)
クリスマス漫画。栄喜とクリスマスの短編

(C)98